■ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ■ 3/12:東大新聞の取材を受けました!
こんにちは!会長のこだちです。

神社研は先日東大新聞取材を受けました。東大新聞といえば、学内最大手のマスコミ系?サークルです。
神社研の名前も学内でずいぶん浸透してきたようで、うれしいですね、神道だけに。

取材の際は活動の様子を同時にみせてほしいとのことだったので、雅楽練習の風景をみてもらうことにしました。
練習に参加したのは、Aくん、Aくん、Fさん、Nさん、そして自分の計五名。
Aくんが二人でまぎらわしいのですが、笙のAくんと篳篥のAくんです。
インタビューは主にAくんと僕が受け、唱歌や合奏はみんなで実演してみせました。
取材とはいえそこは学生同士、雰囲気は終始和気あいあいとしたもので、話が脱線してしまうこともありましたが、
設立の経緯や苦労話、今後の目標など、先方の質問に対して答えられることは漏らさず答えられたかな、と思います。

とはいえ僕自身、会の代表として取材を受けるのは初めてで、伝えられることをすべて盛り込もうとするあまり、
とりとめのない、というか、重点を絞りきれない話し方になってしまったのが反省点です。
一話すと、ついつい、十話したくなってしまいます。

私たちも変わり者ぞろいのサークルを自負しているのですが、
取材に来てくれた東大新聞の記者の方もちょっと変わった経歴を持っていて、
ここで詳しくは書きませんが、その辺りの話でも思いのほか盛り上がってしまいました。
無味乾燥な受け答えに終始する、ただのインタビューでなくて楽しかったです。
取材後は記者の方と一緒にイタトマで食事をしたのですが、神社研の話から東大新聞社の話題、
共通の知人のことなど、ここでも話題は尽きませんでした。
また、彼個人としても神社研の活動に興味を持ってもらえたようで、非常に有意義な取材でした。

東大新聞の彼と別れたあとは、M先輩の家で飲み会があったのですが、
そこでは例によって…、いや、飲み会の話はまた今度ということで、今回はこの辺で失礼します。

ちなみに、神社研の記事は3月23日発行の東京大学新聞後期合格記念号「サークルペロリ」のコーナーに掲載予定です。
ぜひみなさんご覧くださいね!!

コメント

非公開コメント


お知らせ
神社研について
活動紹介
地域交流活動
東京大学 学園祭
メンバー募集
特集
リンク
お問い合わせ


プロフィール

神社研管理人

Author:神社研管理人
「東京大学 神社研究会(略称:東大神社研)」のメンバー複数人で、共同でブログを管理しています。

カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。