■ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ■ 平成20年度・東大神社研の五月祭企画
「東京大学神社・神道研究会 第二回・五月祭講演会」
安田講堂


 【日程】
◆5月24日(土)◆
 11:00~ 講演者: 山本ひろ子氏(和光大学教授。日本宗教思想史、中世神道研究。)
 13:00~ 講演者: 西谷史氏 (ゲーム「女神転生」シリーズ原作者、小説家)
 14:00~ 講演者: 岡田耕始氏 (ゲーム「女神転生」シリーズ・プロデューサー)
 14:30~ メガテン対談: 西谷史氏 × 岡田耕始氏
 16:00~ 講演者: 小中千昭氏 (アニメ・映画・テレビドラマ脚本家、小説家)

◆5月25日(日)◆
 11:00~ 講演者: 津城寛文氏(筑波大学教授。比較宗教学、日本文化研究。)
 13:00~ 講演者: 林香純氏(薫香・香雅流・宗匠)
 15:30~ 雅楽講座: 鈴木治夫氏(雅楽協議会・世話人)
 16:50~ ライブ演奏: 武田唱玄氏(神社仏閣系アーティスト、創作楽器「弁天」奏者)
 17:00~ 三四郎池での巫女舞の実演: 巫女さん、保谷和太鼓会の皆さん

 【場所】 本郷キャンパス 法文1号館2階212教室
 【地図】http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
五月祭・会場地図

【五月祭企画・全体概要】
 ・・・メイン企画として、現在第一線でご活躍中の神社・神道の研究者、あるいはそれらと関わりのある作家やアーティスト、伝統芸能家の方々をお招きし、神社や神道を中心とした日本文化に関する刺激的な講演・対談・パネルディスカッション・演奏・実演・パフォーマンスをしていただきます。
 現在までに出演が決定している講演者・出演者は、以下の8名の方々です。山本ひろ子氏(和光大学教授。日本宗教思想史、中世神道研究。)、西谷史氏(ゲーム「女神転生」シリーズ原作者、小説家)、岡田耕始氏(ゲーム「女神転生」シリーズ・プロデューサー、株式会社ガイア社長)、小中千昭氏(アニメ・映画・テレビドラマ脚本家、小説家)、津城寛文氏(筑波大学教授。比較宗教学、日本文化研究。)、林香純氏(薫香・香雅流・宗匠、披講学習会講師、公家・武家伝統文化研究会主宰)、鈴木治夫氏(雅楽協議会・世話人)、武田唱玄氏(神社仏閣系アーティスト、創作楽器「弁天」奏者)。
 また、講演の合間にお楽しみいただけるサブ企画として、展示や雅楽演奏会といった小イベントも予定しています(詳細は未定)。また、今年も三四郎池で「巫女舞」の実演を行います(25日17時~、東京大学元客員教授・田無神社宮司・賀陽濟先生による解説、保谷和太鼓会の方々による和太鼓演奏あり)。
 【参照】
  「第81回五月祭HP」内の企画紹介
http://www.a103.net/may/81/visitor/?plugin=Kikaku&k_id=268
  ゲーム情報誌「ファミ通」 当企画の特集記事
http://www.famitsu.com/game/news/1215408_1124.html

◎企画1.講演「火の島の叙事詩ー伊豆諸島の造島神話について」◎
  【講師】 山本ひろ子氏(和光大学教授。日本宗教思想史、中世神道研究。)
  【日時】 5月24日(土)11:00~12:30
  【場所】 本郷キャンパス 法文1号館2階212教室
  【会場地図】 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
  【内容】・・・日本宗教思想史、中世神道研究がご専門の和光大学教授・山本ひろ子先生にご講演いただきます。著書に、『中世神話(1998、岩波新書)』『異神―中世日本の秘教的世界(1998、平凡社)』『変成譜-中世神仏習合の世界(1993、平凡社)』『祭礼―神と人の饗宴(2005、平凡社)』『大荒神頌(1993、岩波書店)』。論文に、「神話と呪物の構想力」「至高者たち──中世神学に向けて」「中世における愛染明王法」「天中姫宮の修行の旅──「いざなぎ祭文」の呪術世界」「御幣の動態学──祈祷と祭の現場から」「霊的曼荼羅の現象学──中世神道の「発生」をめぐって」など。
  【参照】
 和光大学・山本ひろ子研究室
http://www.wako.ac.jp/~hiroko/

◎企画2.講演「『女神転生』と日本神話(仮題)」◎
  【講師】 西谷史氏(ゲーム「女神転生」シリーズ原作者、小説家)
  【日時】 5月24日(土)13:00~14:00
  【場所】 本郷キャンパス 法文1号館2階212教室
  【会場地図】 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
  【内容】・・・「女神転生(メガテン)」シリーズ原作者の西谷史氏にご講演いただきます。西谷史氏の作品は、「デジタル・デビル・ストーリー(女神転生)シリーズ」「東京シャドウシリーズ」「ウルティマ妖魔変」「真・女神転生 エル・セイラム」「神々の血脈シリーズ」「伊弉冉 -イザナミ-」など。
  【参照】
 西谷史先生のサイト
http://www.west-valley.org/
 ウィキペディア「西谷史」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E8%B0%B7%E5%8F%B2
 ゲーム情報誌「ファミ通」 当企画の特集記事
http://www.famitsu.com/game/news/1215408_1124.html

◎企画3.講演「『女神転生』誕生秘話」◎
  【演者】 岡田耕始氏(ゲーム「女神転生」シリーズ・プロデューサー、株式会社ガイア社長)
  【日時】 5月24日(土)14:00~14:30
  【場所】 本郷キャンパス 法文1号館2階212教室
  【会場地図】 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
  【内容】・・・「女神転生(メガテン)」シリーズのプロデューサーを務めて来られたゲーム・クリエーター、株式会社ガイア社長の岡田耕始氏をお招きし、「女神転生」のお話をしていただきます。女神転生をゲーム化する経緯や、内容に興味を持った理由、どのようなゲームにしようと考えたか、ゲーム化への苦労話、西洋人と東洋人の宗教観の違い、などのお話をいただきます。
  【参照】
 ウィキペディア「岡田耕始」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E8%80%95%E5%A7%8B
 ゲーム情報誌「ファミ通」 当企画の特集記事
http://www.famitsu.com/game/news/1215408_1124.html

◎企画4.対談「『女神転生』と日本神話(仮題)」◎
  【対談者】 西谷史氏(ゲーム「女神転生」シリーズ原作者、小説家)
  【対談者】 岡田耕始氏(ゲーム「女神転生」シリーズ・プロデューサー、株式会社ガイア社長)
  【日時】 5月24日(土)14:30~15:30
  【場所】 本郷キャンパス 法文1号館2階212教室
  【会場地図】 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
  【内容】・・・「女神転生」の原作者・西谷史氏と、ゲーム「女神転生」シリーズのプロデューサー・岡田耕始氏氏による対談。
  【参照】
 ゲーム情報誌「ファミ通」 当企画の特集記事
http://www.famitsu.com/game/news/1215408_1124.html

◎企画5.パネルディスカッション「アニメにおける神道~『神霊狩/GHOST HOUND』をめぐって~」◎
  【講師】 小中千昭氏(アニメ・映画・テレビドラマ脚本家、小説家)
  【日時】 5月24日(土)16:00~17:30
  【場所】 本郷キャンパス 法文1号館2階212教室
  【会場地図】 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
  【内容】・・・アニメ作品「神霊狩」において、神道的な世界を描いた脚本家・小中千昭氏をお招きし、パネルディスカッションを行います。テーマは、「アニメにおける神道~『神霊狩/GHOST HOUND』をめぐって~」。小中千昭氏の手がけた作品としては、アニメ作品では「神霊狩」「モノノ怪」「エア・ギア」「怪 ~ayakashi~」「交響詩篇エウレカセブン」「なるたる」「ラーゼフォン」「デジモンアドベンチャー」「魔法使いTai!」「デビルマンレディー」「ガサラキ」「serial experiments lain(レイン)」「鉄腕バーディー」、映画では「楳図かずお 恐怖劇場」「キノの旅」、テレビドラマでは「世にも奇妙な物語」「ウルトラマンG」「学校の怪談シリーズ」「ウルトラマンティガ」「エコエコアザラク」「ウルトラマンガイア」「ウルトラマンマックス」などがあります。
  【参照】
 小中千昭先生のサイト
http://www.konaka.com/
 ウィキペディア「小中千昭」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E4%B8%AD%E5%8D%83%E6%98%AD

◎企画6.神社・神道に関する学術講演「近代の神道行法をめぐって」◎
  【講師】 津城寛文氏(筑波大学教授。比較宗教学、日本文化研究。)
  【日時】 5月25日(日)11:00~12:30
  【場所】 本郷キャンパス 法文1号館2階212教室
  【会場地図】 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
  【内容】・・・比較宗教学、日本文化研究がご専門の筑波大学教授・津城寛文先生にご講演いただきます。著書に、『日本の深層文化序説(1995、玉川大学出版部)』『鎮魂行法論―近代神道世界の霊魂論と身体論(1990、春秋社)』『折口信夫の鎮魂論(1990、春秋社)』『<公共宗教>の光と影(2005、春秋社)』『<霊>の探究―近代スピリチュアリズムと宗教学―(2005、春秋社)』。
  【参照】
 筑波大学・教官紹介(津城寛文先生)
http://www.logos.tsukuba.ac.jp/~syu-hi/tsushiro.htm

◎企画7.「ようこそ、お香の世界へ ~香道に関する講演と実演(組香)~」◎
  【講師】 林香純氏(薫香・香雅流・宗匠)
  【日時】 5月25日(日)13:00~15:00
  【場所】 本郷キャンパス 法文1号館2階212教室
  【会場地図】 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
  【内容】・・・香道・和歌披講がご専門の林香純先生(薫香・香雅流・宗匠、披講学習会講師、公家・武家伝統文化研究会主宰)をお招きし、香道・和歌披講の講演と実演をしていただきます。初心者の方にも分かりやすく、お香の歴史や香木に纏わる様々なエピソードをお話し頂きます。前半の一時間は講演を、後半の一時間はお香の実演を行います。実演の際には、実際に会場で「本物の香木」を焚き、来場者の方に「組香(お香の香りを当てる平安時代以来のゲーム)」を体験して頂きます。

◎企画8.「雅楽の基礎講座と、実技の基礎講座」◎
  【演者】 鈴木治夫氏(雅楽協議会・世話人)
  【日時】 5月25日(日)15:30~16:50
  【場所】 本郷キャンパス 法文1号館2階212教室
  【会場地図】 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
  【内容】・・・まず、雅楽協議会の先生方による30分程度の雅楽の解説と演奏があり、その後は、雅楽部員を主にした実技指導が続きます。 これは一般の方も自由に見学でき、雅楽の楽器を直接触れることのできる体験のコーナーも設けられます。笙の講座では、楽器の扱い方、あぶり方から、息の出し入れの基本、指の動かし方の基本、を練習します。篳篥の講座では、リードの削り方の基本、塩梅のかけ方などを練習します。龍笛の講座では、歌口と笛の位置によって音の出方が違うこと、指の動かし方の基本などを練習します。
  【参照】
 日本雅楽会
http://www.nihongagakukai.gr.jp/
 雅楽協議会
http://gagakukyogikai.with.mepage.jp/index.html

◎企画9.「神社仏閣系ライブ」◎
  【演者】 武田唱玄氏(神社仏閣系アーティスト、創作楽器「弁天」奏者)
  【日時】 5月25日(日)16:50~17:00
  【場所】 本郷キャンパス 三四郎池
  【会場地図】 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_03_j.html
  【内容】・・・ベースと三味線の合体創作楽器「弁天」を操り、「祀り唄」を謳う「神社仏閣系アーティスト」武田唱玄氏によるライブ演奏。
  【参照】
 武田唱玄氏の創作楽器「弁天」による演奏
http://jp.youtube.com/watch?v=OxMIZ6i6Qt0

◎企画10.「三四郎池での巫女舞の実演」◎
  【演者】 巫女さん保谷和太鼓会の皆さん
  【日時】 5月25日(日)17:00~
  【場所】 本郷キャンパス 三四郎池
  【会場地図】 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_03_j.html
  【内容】・・・今年も三四郎池の畔で、巫女さんによる「巫女舞の実演」を行います。(東京大学元客員教授・田無神社宮司・賀陽濟先生による解説、保谷和太鼓会の方々による和太鼓演奏あり。)
  【参照】
 保谷和太鼓会
http://members2.jcom.home.ne.jp/happybeat-hoya/

 【五月祭講演会ビラ】
平成20年度五月祭


東大生ブログランキング

トラックバック

URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京大学 五月祭

5月25日に東大の五月祭に行ってきました。 何故行ったかというと、東京大学 神社・神道研究会というサークルが五月祭で巫女舞の披露を行うということを、mixiの「巫女さん」コミュニティにサークルの代表者の方が書かれていたので、一度見に行こうと思ったからです。 ...

コメント

非公開コメント

すいません、お伺いしたいのですが、三四郎池でのライブと巫女舞は、雨天の場合は場所を移動して行われるのでしょうか。それとも、中止となってしまうのでしょうか。
土日と天候が良くないとのことなので質問させていただきます。
それでは用件のみですが失礼いたします。
はじめまして!

三四郎池の畔にテントを設営してありますので、雨天の場合はライブ演奏と巫女舞はテントの中で行います。ですので、雨天の場合でも変わらず三四郎池で行います。

それでは、ご来場お待ちしております。
雨模様だけど、どうするんだろうねと、
こちらでも問題になってました。
報告しておきます。
明日は、宜しくお願いいたします。
回答どうもありがとうございました。
明日はよろしく御願いします。
教えてください。
巫女舞を奉納する際に、足運びに決まりごとはあるものなのですか?
場を清めるという意味で、すべきことしてはいけないことがありましたら、教えてください。
はじめまして、ブログ管理者の一人です。私は巫女舞は詳しくなく、神楽部会の部員も素人の学生です。ですので、適当なことを申し上げるわけにもいきませんので、ここでは残念ながらご質問にお答えすることができません。ご質問の件はどなたか専門家の方にお聞きしてくださるようお願いいたします。お力になれず申し訳ございません。ご用件等何かございましたら、当会メールアドレスまでお願いいたします。
次回は是非、鈴木大司教のお話をきいてみたいです。

お知らせ
神社研について
活動紹介
地域交流活動
東京大学 学園祭
メンバー募集
特集
リンク
お問い合わせ


プロフィール

神社研管理人

Author:神社研管理人
「東京大学 神社研究会(略称:東大神社研)」のメンバー複数人で、共同でブログを管理しています。

カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。