■ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ■ 東大初の神道系雑誌「千五百秋」、創刊!
◆東京大学初の神道系雑誌「千五百秋」、創刊!◆

 「千五百秋」の創刊は、新聞等のメディアでも取り上げてくださいました。刊行した「千五百秋(ちいほあき)」は、駒場祭・五月祭などの際に頒布します。


~「千五百秋」創刊の辞~

 このたび、東京大学神社神道研究会から、神道系雑誌「千五百秋」が創刊される運びとなった。

 「千五百秋」は「ちいほあき」と発音し、「長い年月」「永遠」を意味する。「千五百」は「非常に大きな数」を、「秋」は「年」の意味を表している。この言葉は、記紀における日本の美称「豊葦原千五百秋瑞穂国」に現れるように、古くから使われてきた。

 今回この雑誌を創刊するにあたりこれを「千五百秋」と名づけたのは、この雑誌、そして神社神道研究会が末永く発展するようにという願い、また、ひいては神道という文化がこれから先いつまでも途絶えることなく受継がれ続けていくようにという願いからのことである。

 本誌は東京大学神社神道研究会の有志会員が作成する東京大学初の神道系雑誌である。その内容は、東京大学における神道研究復活の魁となるべく会員たちによる学術的な文章を掲載する一方、これまで神道には興味のなかった人たちが読んでも面白いと思って読んでもらえるような読みやすい記事をも掲載している。

 硬軟織り交ぜたこの方針は一見乖離しているようにも思われるが、しかしこれまで神道に興味がなかった人たちに少しでも関心を抱いてもらうためには興味深く面白い記事を書く必要があるだろうし、一方で神道研究の再興という観点からは学術的に有意義な文章をも掲載する必要がある。いずれにも偏らず、この両方を追求することこそが東京大学における神道研究の再興には不可欠であると信ずるものであり、「千五百秋」はこの方針に基いて編集される。

 この神道という文化は、簡単にいえば「〈かみ〉を畏れ敬うこと」であり、この〈かみ〉とは、本居宣長の説いたごとく「古典に現れる天地の神のみならず、人を含めた鳥獣木草、海や山、その他なんでも、普通ではない何かを有した畏れ敬うべき存在」のことである。古くより人びとは〈かみ〉を畏れ敬い、祀りをなし、そして〈かみ〉の宿る自然と調和しつつ過してきた。

 この神道の精神は現在でも人びとに影響を与え続けており、日本文化の中においても重要な位置を占めている。

 それにも関らず、東京大学における神道研究は、終戦後に「神道研究室」が廃されて以降現在に至るまで、六十年以上に渡り途絶したままとなっている。「千五百秋」は、東京大学における神道研究再興の一助となり、また多くの人びとに神道という日本文化の存在を知ってもらうきっかけとなることを目指す。

 文責・「千五百秋」編集人


「千五百秋」第一号(2007年11月23日発行)目次
                 会誌「千五百秋」第一号

・「創刊之辞」 1頁
・「神社神道研究会全体紹介」 2頁~
・「神社神道研究会各部会紹介」 4頁~
・「五月祭「設立記念講演会」報告」 8頁~
・「祭りを楽しむ旅」 10頁~
・「666」 12頁~
・「雅楽を始めよう」 13頁~
・「私の神社観」 18頁~
・「教団神道における神社」 21頁~
・「御霊信仰と靖国神社」 26頁~
・「神道の展望」 30頁~
・「冥婚」 32頁~
・「石上神宮参拝記」 33頁~
・「お地蔵様の行く末」 34頁~
・「東アジアに流通する日本アニメ・漫画における神道」 36頁~
・「現代日本の学校教育における神道の位置」 38頁~
・「東アジアにおける神道イメージの現状」 38頁~
・「ニュータウンにおける神社・神道」 40頁~
・「外国人が訳した神」 42頁~
・「あとがき」 48頁
・「巻末之辞」 49頁


東大生ブログランキング

コメント

非公開コメント


お知らせ
神社研について
活動紹介
地域交流活動
東京大学 学園祭
メンバー募集
特集
リンク
お問い合わせ


プロフィール

神社研管理人

Author:神社研管理人
「東京大学 神社研究会(略称:東大神社研)」のメンバー複数人で、共同でブログを管理しています。

カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。