■ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ■ 能登半島地震で被災した神社の復興支援活動
能登半島地震で被災した神社の復興支援活動
  ―神社復興のための募金運動―(終了)

 (追記:募金目標額に到達し、石川県神社庁に全額寄付したため、募金運動は終了しました)

 神社新報社の平成19年4月9日付の記事によると、2007年3月25日に発生した能登半島地震*1により、藤懸神社(羽咋郡志賀町)が甚大な被害を受けたとのこと(拝殿全壊、本殿・幣殿損壊)。他に、櫛比神社(輪島市門前町)や重蔵神社(輪島市河井町)も被害を受けたようです。

 そこで、「被災した神社・荒廃化した神社の復興支援」を活動の一環としている東京大学神社・神道研究会(東大神社研)でも、能登半島地震で被災した神社の復興を願い、ささやかながら復興支援活動を行わせていただきます。

 とは言え、諸所の事情により、実際に能登半島まで出向くことはできませんし、いきなり部外者がやっくるのは現地の方にご迷惑をおかけすることとなってしまいます。そこで、東大神社研としては、サークル関係者や身内などの近しい人を主な対象として、ささやかながら募金運動を行いたいと思います。集まったお金は、神社復興のためのお見舞い金として、被災した神社にお渡ししたい(寄付したい)と思います。(藤懸神社に関しては新聞記事により被害が明確なので、直接お見舞金をお送りすることが可能だと思われます。しかし、他の被災神社については、神社名・具体的な被災状況が明らかにされておりませんので、石川県神社庁を通じて届けていただこうかと考えております。)

 *1 最大震度6強。石川県能登半島を中心に被害。


「能登半島地震 被災神社復興支援 援助募金」のお願い
 (追記:募金目標額に到達し、石川県神社庁に全額寄付したため、募金運動は終了しました)

 募金の目標額は、5千円~1万円です。(追記:最終的には目標額を超える1万6千円が集まり、平成20年1月31日、石川県神社庁に全額寄付したため、募金運動は終了しました。)この程度のお金では意味がない、と思われる方もいるかもしれませんが、何かの足しにはなるかもしれません。なにより、神社を愛する我々の心が、少しでも伝われば幸いかと存じます。募金運動に賛同してくださる有志の方は、東大神社研の連絡先jinzyaken@gmail.com(代表・江端)までご連絡ください。



【参照記事】

◆神社新報社◆

能登半島地震で被害 志賀町で拝殿全壊など
http://www.jinja.co.jp/article/001-001902.html

「氏子も被災し 対応に苦慮」 被災現場からの声
http://www.jinja.co.jp/article/001-001891.html

被災から2週間 氏子らが復旧作業 志賀町・藤懸神社
http://www.jinja.co.jp/article/001-001924.html

◆北國新聞◆

拝殿の最後「胸が痛む」 地震で倒壊の志賀・藤懸神社、氏子総出で解体
http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20070416104.htm

自慢の神輿、無残 志賀の藤懸神社 氏子ら倒壊拝殿から回収
http://www.hokkoku.co.jp/_today/E20070411001.htm

◆北陸中日新聞◆

震災の拝殿 みこし救出 志賀・藤懸神社
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/hknotoeq/list/200704/CK2007041102007885.html

倒壊続出の文化財 『必ず復興してみせる』
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/hknotoeq/list/200704/CK2007040502006261.html
スポンサーサイト

お知らせ
神社研について
活動紹介
地域交流活動
東京大学 学園祭
メンバー募集
特集
リンク
お問い合わせ


プロフィール

神社研管理人

Author:神社研管理人
「東京大学 神社研究会(略称:東大神社研)」のメンバー複数人で、共同でブログを管理しています。

カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。