■ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ■ 2/21:神楽公演!
初めまして。
神楽部会のF(女性の方)です。

この日は私達神楽部会が練習に参加させていただいている山伏神楽研究会(舞スタジオ)の発表会がありました。

参加者はIさん、Fさん、Nさん、私です。

会場はJR三鷹駅から徒歩1分の武蔵野芸能劇場でした。
どことなく昔風というか…風情のある劇場です。
本当に駅のすぐ側にあり、Nさんなどは近すぎて迷ってしまったとか…。

今回の発表は午後と夜で二部に分かれており、Fさんだけ午後の部の出演でした。

私は午後の部の間は受付の係をしていたのですが、勉強部会などにでているKさんが観に来てくれて嬉しかったです。

演目はIさんが三番叟という荒舞の基本の舞、私を含む他三人は鳥舞という女舞の基本の舞です。

駒場祭でも同じ演目を舞いましたが、設備の整った劇場、様々な年代層のお客様…など、全く違った要素が幾つもあり、ちょっと緊張しました…。

しかし、舞い始めると自分でも驚くほど身体がスムーズに動き、大きな失敗をすることもなく10分程の舞があっという間に終わってしまいました。
今までの練習の成果ですね。勿論改善するべき点はまだまだありますが…。

舞い終わった後も手伝いをしつつ楽屋で差し入れのお菓子を食べたり、先輩方の舞を見たりと楽しく過ごしました。

ちなみに舞以外でも、鳥兜をつけて人相の変わったNさんとFさん(私もですが)や、Nさんと私の間でイケ面と名高い翁の面をつけたI さんの姿を見られたのもひとつの収穫ですね。

忙しい一日でしたが、お客様からも好評だったようですし、先生の言葉どおり「本番は最大の練習」ということで、舞の実力も一歩進んだはず。
とても充実した時間を過ごすことが出来ました。

次の発表では今回以上のものを舞えるよう、また練習に励みたいと思います。
スポンサーサイト
 ■ 神楽部会活動記録
このカテゴリでは、神楽部会の活動記録を掲載していきます。

お知らせ
神社研について
活動紹介
地域交流活動
東京大学 学園祭
メンバー募集
特集
リンク
お問い合わせ


プロフィール

神社研管理人

Author:神社研管理人
「東京大学 神社研究会(略称:東大神社研)」のメンバー複数人で、共同でブログを管理しています。

カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。